ガレージ付賃貸住宅 プレミアムガレージハウス

ガレージライフをもっと楽しく!
プレミアムな情報をお届けしていきます
プレミアムガレージマガジン

賃貸ガレージハウスのオーナーになるには?準備や流れ、失敗しないポイント所要時間 : 13分

ガレージハウス 土地活用基礎知識ガレージハウス事情

公開日 : 2024.5.8

車やバイクを趣味とする人をはじめ、人気が高まる賃貸ガレージハウス。土地オーナー様の中には賃貸ガレージハウスの経営に興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、賃貸ガレージハウスのオーナーになるにはどんなことが必要か、事前にしておきたい準備や失敗しないポイントについて解説。収益性の高い賃貸ガレージハウス経営を実現するために、ぜひ参考にしてください。

土地オーナーから注目が高まる「賃貸ガレージハウス」の魅力とは?

アパート・マンション経営や駐車場経営など、土地活用にはさまざまな方法がありますが、近年「賃貸ガレージハウス」という土地活用方法が注目を集めています。

賃貸ガレージハウスとは、車やバイクなどを保管するガレージと住居が一体となった、メゾネット式住宅のこと。物件の多くは1階にガレージ、2階に居住スペースがあり、階段で繋がる構造になっています。ガレージハウスというだけに、最大の特徴はガレージスペースを有していること。車1〜2台が入るガレージスペースを自由に使えるため、愛車を大切に保管できるスペースとして車好きやバイク好きの間で人気が高まっているほか、サーファーやキャンプ愛好家など大きな道具の保管を必要とする人々や、フィギュアのコレクター、トレーニングをするためのホームジムとしてなど、利用層は広がりをみせています。

 また、希少価値が高いため、周辺賃料相場に影響を受けにくく、やや高めの家賃設定でも入居率を確保できるという強みもあります。現状、賃貸ガレージハウスは需要に対して供給が不足しているため、新しい物件が建つとすぐに満室になる状況。多くの土地オーナーから注目を集める土地活用となっています。

賃貸ガレージハウスのオーナーになるには?

では、賃貸ガレージハウスのオーナーになるには、どんなことから始めたらよいでしょうか。所有する土地に賃貸ガレージハウスを建てて、収益を得るまでには、以下のようなステップを踏みます。

全体のステップを通じて、不動産経営や建築、マーケティング等、幅広い専門知識が必要になるため、基本的には賃貸ガレージハウスの土地活用に精通した専門業者のサポートが必要になります。賃貸ガレージハウスや賃貸経営における豊富な知識を有していることはもちろん、オーナーの要望や条件をきちんと理解し計画に反映してくれる、信頼のおける専門業社を選ぶことが賃貸ガレージハウス経営を成功に導く第一歩です。

STEP1:土地の利用可能性を確認

・土地の法的制約や規制、接道状況、地域の土地利用計画などを理解し、所有する土地に賃貸ガレージハウスを建設可能かどうか確認します。

STEP2:市場調査とニーズの分析

・土地がある地域における賃貸ガレージハウスの競合状況を調査します。
・土地がある地域に駐車スペースが不足しているか、賃貸ガレージハウスが求められているかなど、地域のニーズを分析します。

STEP3:賃貸ガレージハウスを設計する

・土地の特性やニーズに合わせて、賃貸ガレージハウスの設計と建設計画を立てます。
・建物の配置や駐車スペースの設計、施設の規模などを検討します。

STEP4:資金調達

・賃貸ガレージハウスを建設するための資金を調達します。自己資金、銀行ローンなどの方法があります。

STEP5:賃貸ガレージハウスの建設と運営

・設計に基づき、賃貸ガレージハウスを建設します。
・建物の完成後は、入居者の募集を行い、入居者が集まったら運用が始まります。

所有する土地を賃貸ガレージハウスとして活用することは、魅力的な選択肢の一つです。しかし、その土地が賃貸ガレージハウスに向いていない可能性なども考えれますので、事前の市場調査や計画は、専門家の助言を受けることが重要です。

賃貸ガレージハウスに向いている土地とは?

では、どのような土地が賃貸ガレージハウスに向いているでしょうか?具体的には、以下のようなポイントに注目しましょう。

  • ガレージスペースを十分に確保できる
  • 周辺に競合する物件が少ない
  • 車やバイクを保有する層が多く住む地域である
  • 幹線道路や高速道路のインターチェンジに近い

ガレージを主役とした物件になるため、やはりガレージスペースが広い物件が人気です。車は1台より2台停められた方がいいでしょう。車やバイクを保管するだけでなく、作業スペースを確保できる余裕があると、入居者の満足度が高まります。基本的に車やバイクなどを移動手段とする入居者がほとんどなので、幹線道路や高速道路のインターチェンジからアクセスのよい場所である方が、需要が高まるでしょう。

また、趣味に時間とお金を費やせる富裕層も多い傾向にあることから、高級車の保有率が高い高級住宅街もガレージハウス向きの土地である可能性が高いでしょう。

賃貸ガレージハウスの入居者募集の方法

賃貸ガレージハウスのオーナーとして、心配になるのが「入居者をどのように集めるか?」ということではないでしょうか。賃貸ガレージハウスはニッチな需要を狙う物件なので、募集方法を工夫する必要があります。

 まずは、物件の特徴を活かした募集を心がけることが大切。例えば、以下のような点を強調するのが効果的です。

  • ガレージの広さや設備の充実度
  • 車やバイクを安全に保管できる防犯性
  • 趣味の時間を存分に楽しめる快適なガレージスペース
  • 同じ趣味を持つ入居者同士のコミュニティ

募集の際は、写真や動画を活用して物件の魅力を視覚的に伝えることも大切です。特に、ガレージ内の設備や使い勝手の良さは、入居者が最も気になるところ。募集サイトに掲載する際は、ガレージ内の写真を多めに用意しておくといいでしょう。

車やバイクの愛好家が集まるウェブサイトやSNSで物件情報を発信したり、車やバイク関連のイベントで物件をPRしたりするなど、オーナー自身が入居者募集を行うこともできますが、もっともおすすめなのは、賃貸ガレージハウス専門の管理会社に入居者募集を依頼することです。

賃貸ガレージハウスは一般的なアパート・マンションとは少し違った特性を持つ物件なので、入居者を集めたいと思っても一筋縄では行かないこともあります。賃貸ガレージハウス専門の管理会社であればユーザー層の性質の理解や募集ノウハウに長けています。賃貸ガレージハウスを建てても、入居者が埋まらなければ収益も得られません。入居者募集を行う際は、利用層をよく理解したプロに任せるのが安心でしょう。

賃貸ガレージハウスオーナーの仕事内容

賃貸ガレージハウスのオーナーは、どのような仕事を行うのでしょうか。賃貸ガレージハウスのオーナーになると、入居者の審査・決定・契約から家賃の徴収、日々の清掃業務、建物のメンテナンス、クレーム・トラブル対応、契約更新業務、退去後の敷金の清算など、さまざまな運用業務が発生します。

しかし、実際の業務については運用形態によって大きく異なります。運用形態は、運用管理会社に物件の管理を委託する「管理委託」か、オーナー自ら管理を行う「自主管理」に分かれます。

【管理委託】

管理委託の場合、ほぼすべての業務を管理のプロに一任でき、オーナーが行う仕事はほとんどありません。毎月、管理会社からの報告と家賃の入金を待つ程度で済みます。プロに任せた方が安心ですので、多くの賃貸ガレージハウスオーナーは管理委託の方法をとっています。本業が別にあるオーナーや、賃貸ガレージハウス経営が初めてというオーナー、管理業務に時間を取ることができないオーナーなどには管理委託の形態が向いているでしょう。

ただし、管理委託の場合は管理会社に管理手数料を支払う必要があります。管理手数料としては賃料の5%ほどであることが多く、入居戸数分かかってきますので、その分、収益が減ってしまいます。

【自主管理】

「自主管理」の運用形態を選択した場合、オーナー自身が物件の管理を行います。入居者の募集からメンテナンス、急なトラブル対応まで、さまざまな業務が発生しますが、手数料を払う必要はないので、収入の全てを得ることができます。家賃収入を最大化したいオーナーや自分の目が届く状況で所有物件を管理したいオーナーには自主管理の形態が向いていると言えます。

賃貸ガレージハウスの管理・運用業務を解説!アパート・マンションとの業務内容や管理方法の違いは?

賃貸ガレージハウスオーナーとして、運用する際の注意点

賃貸ガレージハウスのオーナーになることは魅力的ですが、いくつかの注意点もあります。トラブルを避け、安定的に運営するために、いくつかのポイントを確認しておきましょう。

ガレージ利用のルールを決めておく

賃貸ガレージハウスの特徴であるガレージスペースですが、自由な空間だけに無秩序な利用をする入居者も、中には出てきてしまう可能性があります。物件の価値を下げないためにも、以下のようなルールを事前に決めておくといいでしょう。

  • 火気の使用は禁止
  • 営業活動は禁止
  • ガレージ内は定期的に清掃・整理整頓
  • 大きな音や振動を伴う作業は控えめに

入居者にはルールを守ってもらうことで、物件の価値を維持するとともに、他の入居者とのトラブルも避けられます。ただし、がちがちにルールで縛るとかえって入居者の満足度を下げてしまう恐れもあります。物件や入居者の特性に合わせて柔軟に対応することも必要です。

設備の修繕・メンテナンスに注力する

賃貸ガレージハウスの建物や物件内の設備は、入居者の満足度に直結する重要なポイントです。経年劣化や故障を放置すると、入居者からのクレームに繋がりかねません。定期的な点検と、トラブルの早期対応を心がけましょう。

特に、ガレージ内の電源や照明などの設備は、入居者が頻繁に利用するため、不具合が生じやすい傾向にあります。万が一の故障に備えて、迅速に修理や交換ができる体制を整えておくと安心です。日頃から設備のメンテナンスを怠らないことが、トラブルを未然に防ぐ鍵となります。

周辺住民とのトラブルに備える

ガレージでの作業によって、騒音や振動などが発生することがあります。周辺住民とのトラブルを避けるためにも、日頃からコミュニケーションを図り、理解を得ておくことが大切です。入居者に対しては、周辺への配慮を呼びかけるとともに、地域の実情に合わせてバランスの取れた対応を心がけましょう。

万が一、周辺住民からクレームがあった場合は、速やかに事実関係を確認し、適切に対処することが求められます。入居者と周辺住民の間に立って、互いの立場を理解してもらうことが、オーナーの重要な役割です。

ただし、こうした業務がオーナーに発生するのは自主管理の場合のみ。管理委託の場合はルール決めやクレーム・トラブル対応などもすべて管理会社に任せることができます。

まとめ

賃貸ガレージハウス経営を始めるには、立地の調査や資金計画、建築計画など、入念な準備が必要です。失敗を避けるためには、需要をしっかりと見極めましょう。また、入居者とのコミュニケーションを大切にし、安全で快適な住環境を提供し続けることが長期的な経営の鍵を握ります。賃貸ガレージハウスのオーナーになった場合の業務内容、メリットやリスクをきちんと理解することで、有意義な土地活用を進めてください。

プレミアムガレージハウスは、賃貸ガレージハウスオーナーになりたい方に向けて、オーナーのご要望や土地の条件に合わせて収益性に優れたプランをご提供。企画、設計、建設から入居者の集客、物件管理までワンストップで行うため一気通貫したご提案が可能です。賃貸ガレージハウス経営を検討している土地オーナー様はぜひ一度、ご相談ください。

【高収益をめざしたい土地オーナー様へ】
プレミアムガレージハウスなら、駅から遠くても安定の土地活用
premium-garage.co.jp

ガレージハウス 土地活用基礎知識ガレージハウス事情

新着・募集中物件New Properties List